〜サイト改装&更新おやすみ〜お知らせ

出産費用の裏ワザ!実際に50万円以上抑えた自己負担を減らす秘策9選

出産費用 裏ワザ
  • URLをコピーしました!

 

こんにちは!
2人育児に奮闘中!新米ママのれこです。

 

ママさん
妊娠したのは嬉しいけど、お金が心配…。

 

妊娠が分かると嬉しい反面、教育費や出産費用など現実的な問題に直面してしまい、不安に駆られたりしますよね…。

今回はそんなお悩みを解決できる「出産費用を節約する方法」についてお教えします!

 

れこ
実際にわたしは50万円以上節約できました!

 

出産費用を抑える裏ワザをはじめ、妊娠・出産にもらえるお金や節約のコツ、もらえる金額を増やす方法などをまとめてみました!

少しでも入院費、出産費用を抑えたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

目次

出産費用を抑える裏技9選

 

出産費用を抑える裏技9選

  1. 補助金や助成金を活用する
  2. 医療費控除の活用
  3. 医療保険を申請する
  4. 出産育児一時金を退院前に申請
  5. 出産費用をクレジットカード払い
  6. 個室などの加算項目を検討する
  7. 出産のジンクスや内診グリグリは週の始めに
  8. 妊婦健診先や出産施設を価格を含めて選ぶ
  9. 無料サンプルをたくさん貰う

 

妊娠〜産後の費用を約50万円以上節約!その内訳は?

 

第1子出産

 

条件

  • 正社員
  • 産休・育休取得(1年間)

 

出産費用の内訳

  • 妊婦健診の費用:10万円(助成・補助)
  • 出産育児一時金:42万円
  • 出産手当金:13万円(1ヶ月間)
  • 社会保険料免除額:28万円(1年間)
  • 傷病手当金:15万円(1ヶ月半)
  • 民間の保険:7万円
  • サンプル品:約1万円

 

その他に「育児休業給付金:100万円(1年間)」があります。
「妊婦健診費の助成」「出産育児一時金」は妊娠していれば誰でももらえます!

 

れこ
正社員で働いていると、給付金や使える制度が多いです。絶大な恩恵を感じました…。

 

第2子出産

 

条件

  • 正社員復帰後、退職
  • 専業主婦(扶養には入っていない)

 

出産費用の内訳

  • 妊婦健診の費用:10万円(助成・補助)
  • 出産育児一時金:42万円
  • 風疹の抗体検査(夫):3,000円(補助)
  • 傷病手当金:15万円(1ヶ月間)
  • 国民年金の免除:6万6,000円(4ヶ月間)
  • 民間の保険:7万円
  • 医療費控除:1,000円(還付金)
  • サンプル品:約1万円

 

その他に「傷病手当金:240万円(540日間)」があります。

 

れこ
正社員と比べると、給付金は少なくなります。働いている時に病気になり、退職後はその延長で傷病手当をもらっていました。

 

退職後も「傷病手当は最長1年6ヶ月」もらえます。

 

参考:傷病手当金について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会

 

妊娠中に入院したら「傷病手当」「高額療養費制度」などが使えます!詳しくは「妊娠初期に風邪をひいた体験談!喉の痛み、鼻水、頭痛から9日間入院」をご覧ください。

 

あわせて読みたい
妊娠初期に風邪をひいた体験談!喉の痛み、鼻水、頭痛から9日間入院   こんにちは! 2人育児に奮闘中!新米ママのれこ(@aj4566)です。 今回は妊娠初期(14週)に風邪を引いて9日間入院した体験談をお話したいと思います。   妊...

 

そもそも出産費用はどれぐらいかかるの?

 

  • 妊娠~出産までは総額平均65万円

 

妊娠中の費用は総額平均で約10~12万円

 

妊娠中の費用
10~12万円

 

妊娠中の費用は主に妊婦健診になります。
妊婦健診の助成(補助)が出るので、実際の自己負担額は少ないです。

 

れこ
ただし特別な検査や補助券以外の項目は自己負担になります。わたしは妊娠糖尿病の再検査では自己負担で医療費を支払いました…。

 

 

あわせて読みたい
妊娠25週で糖負荷試験に引っかかる!妊娠糖尿病疑いで再検査した結果   こんにちは! 2人の育児に奮闘中!新米ママのれこです。   妊娠25週目の妊婦健診のときに糖負荷検査で引っかかりました。   第1子のときは異常がなか...

 

出産時の費用は総額平均で約50万円

 

出産時の費用
約50万円

 

病院、診療所、助産所や分娩方法でも変わってきます。

 

妊娠・出産で確実に戻ってくるお金の総額は平均約50万円

 

妊娠・出産で戻ってくるお金の総額

  • 妊娠中:約8万円
  • 出産時:42万円

 

あとはいかに節約するか、もらう金額を増やすかで出産費用を抑えられます。

 

出産・妊娠でかかるお金その他3万円

 

れこ
赤ちゃんの準備費用や購入物にもお金がかかります!

 

出産・妊娠費用その他
約3万円

 

内訳

  • 産じょくショーツ
  • 母乳パッド
  • おしりふき
  • おむつ
  • 赤ちゃんの肌着・服
  • スタイ(よだれかけ)
  • ケア用品
  • 粉ミルク缶
  • 哺乳瓶など

 

出産費用の裏ワザ9選

 

【1】補助金や助成金を活用する

 

補助金や助成金一覧
  1. 妊婦健診の助成
  2. 出産育児一時金
  3. 出産手当金
  4. 育児休業給付金
  5. 高額療養費制度
    (医療費が自己負担額を超えた場合)
  6. 傷病手当金
    (つわりやその他の症状で仕事を休むとき)
  7. 国民年金の免除
    (フリーランス・自営業)

 

自治体によっては「出産育児一時金に上乗せがある」「風疹の抗体検査や予防接種の助成」「妊娠に伴う病気により、入院治療を受けた人」など、様々な助成や補助金があります。

 

お住まいの自治体のHPを確認してみてください!

 

【2】医療費控除の活用

 

医療費控除とは?
1年間に医療費の合計が10万円以上になった場合、お金が戻ってくる制度です。

 

所得によっては10万円以下でもOK!

 

れこ
ちなみにわたしは1年間で10万円弱医療費がかかりました。申請してみると、約1,000円の還付金がもどってきました!

 

 

あわせて読みたい
妊娠・出産にかかったお金が戻ってくる!医療費控除で対象になるもの   こんにちは! 家計管理に奮闘中!2児ママのれこ(@aj4566)です。     1年間に支払った医療費が戻ってくる制度です。 もちろん、妊娠・出産にかかった...

 

【3】医療保険を申請する

 

  • 加入している保険の条件を確認して、漏れなく医療保険を申請

 

れこ
わたしは自然分娩でしたが、保険がおりて7万円得しました!

 

 

あわせて読みたい
陣痛促進剤は保険適用?自然分娩でも保険がおりた体験談を暴露   こんにちは! 2人育児に奮闘中!新米ママのれこです。     出産が近づいてくると気になるのが出産費用…。 保険には加入しているけど、実際に自然分娩...

 

れこ
民間の医療保険に加入するのは賛否両論ありますが、不安な方はFPさんに無料相談をしてみるのもいいかもしれません。

 

FPに無料相談

 

【4】出産育児一時金を退院前に申請

 

  • 病院を退院する前に申請しておけば、退院時に出産育児一時金と出産費用の差額だけが請求されるので、自己負担額は少なくなります。

 

退院してからも申請は可能です。(期限は産後2年)

 

 

【5】出産費用をクレジットカード払い

 

  • 出産育児一時金を退院前に申請しても、差額分が支払えない場合
  • 思ったより出産費用が高額になった場合

 

れこ
もし病院や産院でクレジットカードが使用できるのなら、その場で支払わなくていい、分割などの選択もできるクレジットカードの利用がおすすめです。

 

クレジットカードは還元率1.0%の楽天カードがオススメです!

 

 \高還元率!年間費無料!/

【6】個室などの加算項目を検討する

出産費用

 

  • 私の場合、個室料が30,000円(6,000円×5日間)かかっています。

 

れこ
もし個室を選択しなければ、差額分(手出し)は1,720円になっている計算に…。

 

出産費用を少しでも抑えたい方は検討の余地ありです!

 

【7】出産のジンクスや内診グリグリは週の始めに

分娩費用 裏技

 

  • 休日加算にならないために!

 

出産は調節してできるものではありませんが、内診グリグリ(卵膜剥離という赤ちゃんが産まれやすくするの医療行為)やジンクスは週の始めがおすすめです。

 

月曜日に内診グリグリ

数日後出産

休日加算を免れる

 

れこ
ちなみに上の子のときは「土曜日の深夜」に破水!入院(休日・深夜加算)になりました。

 

入院費用 裏技

 

生まれてくるのは赤ちゃんのタイミングなので、参考程度になさってください♪笑

【8】妊婦健診先や出産施設を価格を含めて選ぶ

 

  • 病院や助産院など、施設によっては価格が違ってきます。

 

れこ
立地や主治医との相性、医療体制なども考慮する必要がありますが、価格も頭に入れておきたいところですね…。

 

【9】無料サンプルをたくさん貰う

 

  • 赤ちゃんの準備用(約3万円)を無料サンプルで節約しましょう!

 

全員無料でもらえるプレゼントは商品を試すのに役立ちます。

抽選ではベビーカーや抱っこ紐など豪華な商品が当たるので挑戦してみる価値はあります!

 

Hello baby gift

 

れこ
わたしも実際、哺乳瓶が当たりました…!

 

無料プレゼントについては「【2022年】妊婦プレママ対象全員無料プレゼントキャンペーンまとめ」をご覧ください。

 

あわせて読みたい
【2022年】妊婦プレママ対象全員無料プレゼントキャンペーンまとめ   こんにちは! 2人育児に奮闘中!新米ママのれこです。     いざネットで調べようとしても、サイトがたくさんありすぎてすごく時間がかかるし大変です...

 

出産育児一時金の42万円は本当に足りる?〜実際にかかった金額〜

 

第一子の場合

出産費用

 

  • 総額:431,720円

 

  • 診断名:前期破水、微弱陣痛
  • 週数:妊娠35週5日(早産)
  • 入院期間:7日
  • 手術:なし経腟分娩(正常分娩)

 

早産のため「新生児介助料」がありません。(子どもの方に医療費がかかっています。)
わたしの住んでいる自治体は「乳幼児医療費助成制度」で子どもの医療費が無料なので、実質お金はかかっていません。

 

れこ
地方での出産だったので、これぐらいに金額で済みました…。都会の方はもっと費用が高いかも…?

 

第二子の場合

出産費用

 

  • 総額:444,790円

 

  • 週数:妊娠38週3日
  • 入院期間:5日
  • 手術:なし経腟分娩(正常分娩)

 

れこ
節約も大事だけど産後に休みたい気持ちが強く、個室を利用しました。産後の経過が良かったので、主治医に相談して5日間で退院しました。

 

旦那さん
出産育児一時金の42万円をもらって、手出しは1〜2万円程度でした。

 

帝王切開や、入院期間が長くなるなど、医療費が高額になる場合は「高額医療制度」を利用すれば自己負担額が減ります!

 

「健康保険」「国民健康保険」に加入していれば誰でも使えます!

 

出産費用の裏ワザ!実際に50万円以上抑えた自己負担を減らす秘策9選|まとめ

 

出産費用の裏ワザ9選

  1. 補助金や助成金を活用する
  2. 医療費控除の活用
  3. 医療保険を申請する
  4. 出産育児一時金を退院前に申請
  5. 出産費用をクレジットカード払い
  6. 個室などの加算項目を検討する
  7. 出産のジンクスや内診グリグリは週の始めに
  8. 妊婦健診先や出産施設を価格を含めて選ぶ
  9. 無料サンプルをたくさん貰う

 

以上、いかがだったでしょうか?

手厚い制度を利用して、安心して妊娠・出産に備えたいですね!

もらえるお金を理解して、お金のもらい損ないがないように手続きをしていきましょう♪

ではでは!

 

つわりなどで仕事を休むときは傷病手当がもらえます!詳しくは「終わらないつわりで仕事を退職?休職をすすめる理由とメリット」をご覧ください。

 

あわせて読みたい
終わらないつわりで仕事を退職?休職をすすめる理由とメリット   こんにちは! 2人育児に奮闘中!新米ママのれこです。   つわりって辛いですよね…。   わたしも初めて妊娠したとき、「これが噂のつわりか!」と感心...

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次