お金のこと

【初心者向け】ふるさと納税を分かりやすく簡単に解説【誰でもできる】

ふるさと納税

 

こんにちは!れこです。

年末ですね…巷で噂になっている「ふるさと納税」。

1月1日から12月31日の1年間にふるさと納税を行った分が当年度の所得税の還付(翌年度の住民税の控除の対象)になるので、そろそろ駆け込みで寄付される方も多いのでは?

 

「色々噂では聞くけど、ふるさと納税って何?」

「ふるさと納税が何でお得なの?」

 

ふるさと納税について知りたい!お得にふるさと納税をしてみたい!

そんな方に向けて分かりやすく説明してみました。

ふるさと納税自体は簡単にできるので、参考になれば幸いです^^

 

Sponsored Links

ふるさと納税とは?分かりやすく解説

 

実質2,000円の手数料で豪華な返礼品がもらえる制度です

 

ふるさと納税の3つのメリット
  1. 2,000円の自己負担で特産物がもらえる
  2. 還付金が返ってくる(所得税が控除される場合)
  3. 住民税が安くなる

住民税の場合は、現金が還付されるのではなく、翌年に支払う住民税から減額される形で控除されます。

ふるさと納税の仕組み

 

ふるさと納税

引用:総務省ふるさと納税ポータルサイトhttps://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

 

ふるさと納税では自治体に寄付した合計金額から2,000円を差し引いた金額が、すでに納めた所得税や翌年納める住民税から控除されます。

 

例えばふるさと納税で1万円を自治体に寄付すると、翌年の6月から1年かけて2,000円を差し引いた金額の8,000円が住民税から引かれます。

 

また翌年の控除を受けるには12月31日までに納税し、確定申告を行わなければならないので注意が必要です。

 

確定申告不要でふるさと納税ができる「ワンストップ特例制度」がある

 

  1. 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い方
  2. 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの方

この申請条件に当てはまる方は確定申告は不要です。

会社に勤める一般の給与所得者の方は、会社が年末調整を行い1年間の所得と税金を確定させるので確定申告の必要がありません。

 

<申請期限>

  • ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)

この期限内に忘れずに「ワンストップ特例制度」申請をしましょう!

 

ふるさと納税が何故お得と言われているのか?わかりやすく説明

 

簡単に言うと…

実質2,000円の手数料で2,000円以上の返礼品がもらえる=お得だよね!

という事です^^

 

ふるさと納税の流れ

 

ふるさと納税

引用:さとふる

 

3ステップで簡単に誰でもできる!

 

  1. 控除上限額を調べる
  2. 自治体に寄付する
  3. 控除手続きをする

この3ステップで簡単にできます♪

 

STEP1:控除上限額を調べる

事己負担が2,000円となる控除上限額の目安を計算できます。

控除上限額は、ふるさと納税をする方の家族構成や年収(所得)その年に受ける各種控除の金額などによって異なります。

控除上限額の目安を調べてみましょう。

 

簡単シュミレーター

 

STEP2:自治体に寄付する

 

自治体に寄付するポイント
  1. 応援したい地域に寄付ができる
  2. 寄付の使い道が選べる
  3. お礼品がもらえる

 

自治体によって、地域の肉、魚介、果物をはじめ、工芸品などの特産品や地域の施設の優待券・宿泊券などがお礼品としてもらえます^^

 

STEP3:控除手続きをする

 

  1. ワンストップ特例制度
  2. 確定申告

 

寄付金控除の申請には「ワンストップ特例制度」と「確定申告」2つの方法があります。

どちらもふるさと納税で税金の控除を受けられる手続きです。

確定申告とワンストップ特例制度は控除額に差はありませんが、ワンストップ特例制度を利用した場合は住民税のみ控除対象となります。

 

ふるさと納税を行う際の注意点

 

控除や還付には限度額がある

 

ふるさと納税で控除を受けられる金額には上限があり、限度額を超えると自己負担になります。

ご自身が納めている税金によって上限金額が異なり、納税する方の家族構成や年収も関係してくるので、ふるさと納税する前に納税サイトで確認しましょう。

 

簡単シュミレーターで限度額を確認

 

ふるさと納税おすすめサイト

 

ふるさと納税には、便利なサイトが多数あります。

わたしがオススメするのは圧倒的に、楽天ふるさと納税です!

 

楽天ふるさと納税を利用すると、寄付金額に対して最大30%のポイントが還元されます。

 

お得なふるさと納税が更にお得になります!^^

 

【初心者向け】ふるさと納税を分かりやすく簡単に解説【誰でもできる】まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

「まだふるさと納税してないよ~」という方は、メリットが多いので寄付することをオススメします♪

節税や節約にもなるので!

 

How to make household management easier
家計管理が苦手でもできる!ズボラ主婦におすすめの方法とは? 家計管理、面倒だと感じることはありませんか? 大事なのはわかるけど、どうしても挫折してしまう… 今回は簡単に家計管理...

 

豪華な食料品をもらうのもアリ…、生活必需品をもらうのもアリ…、色んな金券でサービスを購入するのもアリ…!

ふるさと納税の可能性は無限大です!(笑)

選んでいるときもすごく幸せな気分になる「ふるさと納税」、まだの方は是非始められてください♪

ではでは!

 

Sponsored Links