お金のこと

【不妊治療も対象】妊娠・出産費用の医療費控除の一覧と注意点

医療費控除

 

こんにちは、れこです。

知って得する社会制度のひとつ、「医療費控除」についてのお話です。

知識として知っていれば、いざという時に使えるので頭の片隅にでも覚えていただけたら幸いです。

今回は「妊娠・出産に関しての医療費」についての「医療費控除」について話していきたいと思います。

Sponsored Links

医療費控除とは?分かりやすく簡単に説明

医療費控除とは、わかりやすくいうと…

1年間の医療費負担の多い人の税負担が軽くなる制度です

合計10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告をすることで還付金として一部が戻ってきます。

対象者は?誰でも申請できるの?

 

  • 対象者:その年の1/1〜12/31までの間に10万円以上の医療費を支払っている世帯

 

生計が同一であれば、同居でなくてもOK

 

対象が「世帯」になっているので、生計を一にしている家族分も合算することが可能という事です。

 

詳しくはこちらの記事を参照されてください。

医療費控除
【節税】医療費控除とは?対象は?いくら以上から?わかりやすく解説医療費控除って何?10万円以上支払っていなくても申請できます!その理由や活用方法、対象者、医療費に含まれるものや注意点などなど…。セルフメディケーション税制についてもわかりやく解説してみました。知って得する社会制度!知らないと損する社会制度の情報です♪...

 

医療費控除の対象となる妊娠・出産費用

 

  • 妊婦健診費(補助券を利用した場合は実費支払額)
  • 妊娠に伴う通院・治療費
  • 母子保健法に基づいて医師が行う妊娠中絶費用
  • 死産、流産にかかる手術代
  • 妊娠悪阻や切迫早産による入院(医師が認めた場合)
  • 産前産後の入院費
  • 入院時に病院が用意した食事代
  • 通院、入退院時の交通費(電車・バスが対象)
  • 公共交通機関を利用できない場合のタクシー移動費(または緊急時)
  • 不妊治療費  など

参考:国税庁「医療費控除の対象となる出産費用の具体例

 

医療費控除の対象とならない妊娠・出産費用

 

  • 妊娠検査薬購入費
  • 健康診断・人間ドック
  • 美容整形・歯列矯正
  • 病気予防のための医薬品・健康食品購入費
  • 治療を目的としないメガネ・補聴器等の購入費
  • 自家用車を利用して通院した場合のガソリン代、駐車場利用料、有料道路利用料
  • 医師や看護師に対する謝礼
  • 里帰り出産などで帰省するための交通費
  • 入院時に自己都合で個室を選んだ場合の差額ベッド代
  • 入院の際に自費で購入した寝間着代、洗面用品代
  • 入院中の外食・出前などの飲食費
  • 赤ちゃんのおむつ、ミルク購入費
  • 予防接種代 など

 

医療費控除の対象に迷ったら…?

そういうときはその費用が「治療に必要な費用なのか」を考えるといいかもしれません。

自分で判断できない場合もあると思いますが、そんな時は「国税庁:国税局電話相談センター」に相談されてみてください。

医療控除対象についての注意点

交通費の場合

 

  • 通院、入退院時の交通費(電車・バスが対象)
  • 公共交通機関を利用できない場合のタクシー移動費(または緊急時)

 

  • 自家用車を利用して通院した場合のガソリン代、駐車場利用料、有料道路利用料

 

公共交通機関を利用するかどうかで対象になるかが決まります。

 

バスや電車の交通費については領収書を受け取れないこともありますが、家計簿などに記載して説明できるようにしておけば問題ありません。

 

妊婦健診代

各自治体が発行している補助券がありますが、それを自己負担で払った分が医療費控除の対象となります。

 

出産・分娩・手術費用

出産、分娩、手術費用は大きな金額です。

あっという間に10万円以上かかってしまいますが、「出産育児一時金」はすべてのママに支給されます。

When can I take maternity leave
【2021年版】産休・育休はいつからとれる?分かりやすく簡単に解説プレママ必見!「産休・育休を取得するとき、いつからできるのかな?」そんな疑問にお答えします。実際に正社員、ワーママが初めて産前産後休業、育児休業を取得した流れを説明します。アルバイト、パート、派遣の方も条件さえ満たせば取得する事ができますよ!...

 

 

支払った医療費】-【出産育児一時金(補てんされる金額)】=医療費控除の対象

となります。

 

入院中の医療費(実例あり)

支払った医療費から補てんされる金額を引いた金額が「医療者控除の対象」になるわけですが、対象になる項目とならない項目があるので注意が必要です。

 

実例でみてみましょう。

 

出産費用

これはわたしの出産したときの医療費です。

 

  • 切迫早産
  • 経腟出産(正常分娩)
  • 入院期間:6日間
  • 合計:431,720円
  • 出産育児一時金の給付額:420,000円

 

さきほどの式にあてはめると…

 

431,720円(支払った医療費)-420,000円(出産育児一時金:補てんされる金額】=11,720円医療費控除の対象)

 

お!じゃあこの11,720円が対象となるのか~。。。

 

と思っちゃうんですが、医療費控除の対象外のものが含まれています。

 

出産費用

この「個室料」が対象外になります。

 

入院時に自己都合で個室を選んだ場合の差額ベッド代

 

もちろん「療養上の都合(絶対安静・感染防止など)」で個室になった場合は「医療費」に含まれますが、今回はわたしの「自己都合」によるものなので、対象外となります。

 

出産費用

あと注意してほしいのは「食事療養」の項目です。

 

入院時に病院が用意した食事代は対象

 

入院中の外食・出前などの飲食費は対象外

 

わたしの場合、すべて出産育児一時金で補てんされているので、医療費控除の対象にはなりません。

 

帝王切開・切迫早産・切迫流産・吸引分娩など(医療行為を伴う出産方法の場合)

一般的に経膣出産を正常分娩と言い、正常分娩に該当しない医療行為を伴う出産方法を異常分娩と言います。

 

  • 正常分娩の場合:公的保険適用外
  • 異常分娩(正常分娩以外)の場合:公的保険適用

 

異常分娩の際は医療行為が伴うため、公的保険適用となり自己負担額は3割です。

 

出産費用に民間保険は適用されるの?

もし民間保険に加入していた場合、支払った医療費から出産育児金を引いて、さらに医療保険の給付金を引いた額が医療費控除の対象金額になります。

 

支払った医療費】-【出産育児一時金(補てんされる金額)】-【医療保険金(補てんされる金額)】=医療費控除の対象

 

わたしの場合…

 

  • 切迫早産
  • 経腟出産(正常分娩)

 

なのですが、「陣痛促進剤を使用しての分娩」になったので、果たして保障対象になるのか…。

もし民間保険に加入していた場合、気になったことは確認しておいた方がいいと思います。

 

医療費控除の補てんされる金額

医療費控除の補てんされる金額に該当するもの

 

医療費控除の補てんされる金額に該当するもの
  1. 健康保険組合からの給付
  2. 生命保険・損害保険からの障害保険金や医療保険金
  3. 事故等で加害者から受ける補てん金
  4. 各自治体の行っている医療費の補助金

(出産育児一時金・妊婦健診の助成金・高額療養費・乳幼児医療助成金など)

 

医療費控除の補てんされる金額に該当しないもの

 

医療費控除の補てんされる金額に該当しないもの
  1. 出産手当金
  2. 傷病手当金

 

【不妊治療も対象】妊娠・出産費用の医療費控除の一覧と注意点まとめ

不妊治療中をされている方、妊娠中の方、出産される方…。

医療費の明細をとっておいて、家族分で医療費控除が申請できるように準備をしておきましょう!

還付金や節税…お得な社会制度を使わない手はないです!^^

ではでは!

 

Sponsored Links