子育て

【スリーパーとは?】夏でも冬でも使える!赤ちゃんの着るお布団の役割

スリーパー

 

こんにちは!れこです。

今回は赤ちゃん用の着るお布団「スリーパー」について、書いていこうと思います。

夏場でも冬場でも使用できるのでオススメです!

 

  • 「スリーパーって何?」
  • 「スリーパーの特徴・役割について知りたい」

 

という方向けの記事となっています。

 

  • すぐに掛けたものを払いのける
  • 寝るとき、息をしているのか心配
  • 寝汗でびっしょり…
  • 冬場、寒くないか心配

 

寝るときの環境でお悩みの方にも、このスリーパーがあれば解決できると思います。

是非、最後まで読んで参考にしていただけると幸いです^^

 

Baby sleeping tips
赤ちゃんの寝かしつけのコツ11選!実はNG行為やっていませんか?赤ちゃんが眠れなくて困っている方必見!今すぐできる寝かしつけ方法11選をまとめてみました。実体験と科学的根拠をもとに月齢や生活リズムに合わせた寝かしつけ方法を徹底解説!これでしんどい寝かしけも楽になる…かも?...

 

Sponsored Links

スリーパーとは?

 

スリーパーは、丈の長いベストのような形をしている赤ちゃん用の着るお布団です。

 

 

寝る時の防寒着として使うことができます。

 

スリーパーはいつから使うの?(使う時期)

 

  • 目安:手足をバタバタ動かしだす3ヶ月ごろから~

 

ただし、個人差があります。

 

 

スリーパーの夏と冬の役割

 

 

スリーパー

 

  • 夏:汗からの冷えを防止
  • 冬:寒さを防止

 

スリーパーの使用目的(特徴)

 

赤ちゃんが布団をはいでしまわないように、代わりのお布団を着せておく

 

これが一般的な使用目的ですが、他に重要な役割があります。

 

スリーパーの重要な役割

 

乳幼児突然死症候群

 

「乳幼児突然死症候群の予防」

 

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

 

乳児突然死症候群(SIDS)とは、1歳以下の元気だった赤ちゃんが睡眠中に突然死亡することです。

 

参考:乳児突然死症候群(SIDS) – 23. 小児の健康上の問題 – MSDマニュアル家庭版 (msdmanuals.com)

 

原因は不明ですが、予防することは可能です。

 

 

スリーパーが乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防になる理由

 

乳幼児突然死症候群

 

低月齢の赤ちゃんが掛け布団を使用することで、

 

  1. 顔にかかって呼吸ができなくなる可能性
  2. 体温が上がりすぎてしまう

 

という2つの危険があります。

 

顔にかかってしまったものを手で振り払ったり、自分で移動したりすることが出来ない場合は特に危険です。

 

 

赤ちゃんは自律神経の働きが未発達です。

 

上手に体温調節することができないので、布団をかけて温めすぎてしまうことも乳幼児突然死症候群のリスクを高めてしまいます。

 

スリーパーの役割は4つ

 

  1. 乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防
  2. 冷えの予防
  3. ふとんの代わり
  4. うんち・おしっこから寝具を守る

 

旅行先でもスリーパーを持っていけば、コンパクトに持ち運びができて便利です♪

 

スリーパーのメリット

 

スリーパー

 

  1. 乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防
  2. スッキリとねんねができる

 

重いお布団の代わりにスリーパーを着せることで、快適に眠ることができます!

 

スリーパーのデメリット

 

スリーパー

 

  • 慣れてくれない
  • 嫌がって着てくれない
  • 寝返りがしにくい
  • 動きづらい

 

お子さんによっては「動きづらくて嫌!」と、着てくれない可能性があります;

 

スリーパーの種類・特徴【おすすめ】

 

赤ちゃん

袖あり・袖なし(ベストタイプ)

 

袖あり

 

 

防寒性に優れます。冬には肩口の冷えを防ぎます。

 

おすすめ

 

 

袖なし

 

 

脱着のしやすさと通気性が良いのが特徴です。

寝汗をたくさんかいた時には、簡単に着せ替えが可能なので楽です!

 

 

スリーパーのダウン(羽毛)タイプをおすすめしない理由

 

 

暖房がなかなか効かないような環境でない限りはおすすめはしません。

 

体温調整が未熟な赤ちゃんは、温め過ぎて体温が上がってしまう可能性が…。

体温が上がり過ぎると寝苦しさや乳幼児突然死症候群のリスクを高めてしまいます。

 

スリーパーを選ぶときの注意点

 

はてな

 

  • サイズが大きすぎると肩や首元にかかり寝返りの際に危険です。
  • 裾が長すぎても転倒の危険があります。

 

サイズを決めるときは気をつけてください。

 

【スリーパーとは?】夏でも冬でも使える!赤ちゃんの着るお布団の役割|まとめ

 

以上、いかがだったでしょうか?

最初は「寒くないのかな。。。」と心配していましたが、案外快適そうです!笑

余計なもの(布団)に圧迫されていないので、寝つきもよくなった…気がします♪^^

夏にも冬でも使えるスリーパー!おすすめです^^

我が子を守るためにも、一度スリーパーの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

この情報が睡眠の環境で悩んでいる方、スリーパーを購入しようか迷っている方のお役に立てれば幸いです。

ではでは!

 

Sponsored Links