全員もらえる!妊婦・プレママ無料プレゼントチェック

パパママ育休プラス制度をわかりやすく解説!結論「使い勝手悪すぎ!」

パパママ育休プラス 分かりやすく
  • URLをコピーしました!
パパさん
男性の育休が取りやすくなる動きは気になるけど、正直制度がややこしくてよく分からない…。
ママさん
パパママ育休プラス制度」もあるけど、「普通の育休」とどこが違うの?

2022年4月から育休制度に関する法律が改定され、男性の育休取得にも関心が高まりつつあります!

そこで今回は、「パパママ育休プラス制度」について詳しく解説します。

  • パパママ育休プラス制度」について分かりやすく解説してほしい
  • 「普通の育休」と「パパママ育休プラス」の違いについて
  • パパママ育休プラス」を利用した方がいい人

『パパママ育休プラス』について「正直よく分からない…」という方にはオススメの内容となっています。

ぜひ制度を正しく理解して、活用を検討してみて下さい。

目次

結論「パパママ育休プラス」は使い勝手の悪い制度

  • パパママ育休プラスは、現実的には「メリットがほぼない制度」です。
理由

  1. 育休開始をズラすだけで、結局「1年間」の取得可能最大日数は変わらない。
  2. 1歳2ヶ月を過ぎ、延長をする場合は片方の親しか育休延長ができない。
  3. 「パパ休暇」を併用しないとメリットが少ない。

パパママ育休プラスとはどんな制度?わかりやすく解説

パパママ育休プラス
出典|厚生労働省「パパ・ママ育休プラス」

  • 両親ともに育休取得で、期間が延長される制度です。

と、ここまで聞くと、

パパさん
育休取得期間が1年2ヵ月間に延長できる!

と思いますよね?

れこ
私もそうでした…。

実は違うんです!
育休取得期間は1年間で変わらないんです!!

1人あたりの育休取得可能最大日数(産後休業含め1年間)は変わりません。
パパママ育休プラス

通常育児休業の終了日は子供が1歳になる日の前日です。
それが1歳2ヵ月になる日の前日までになるということ。
育休取得期間の期日が延びるということで、取得日数が増えるわけではありません。

れこ
上図は一例です。両親相互に取得したり、色んなケースがあります。
旦那さん
詳しくは厚生労働省や、後述する都道府県労働局雇用環境・均等部(室)でご確認ください!

パパママ育休プラスを利用した方がいい人

パパママ育休プラスを利用した方がいい人

  1. 「パパ休暇」も同時に取得して使う
  2. 1歳2ヶ月を過ぎて、確実に保育園に入園できる

れこ
詳しい理由は後に書いています!

給付金・社会保険料の免除も通常の育休の場合と同じ

  • パパママ育休プラスを取得した場合の育児休業手当金は、通常の育休と同じです。
育児休業給付金

  1. 休業開始時賃金日額×支給日数の67%
  2. 休業開始時賃金日額×支給日数の50%(6か月経過後)

  • パパ・ママ育休プラス取得中は、通常の育休と同じで社会保険料が免除されます
社会保険料免除

取得条件

パパママ育休プラス取得条件

  1. 配偶者が子が1歳に達するまでに育児休業を取得していること
  2. 本人の育児休業開始予定日が、子の1歳の誕生日以前であること
  3. 本人の育児休業開始予定日は、配偶者がしている育児休業の初日以降であること

1人当たりの育休取得可能最大日数は変わりません。

参考|厚生労働省「パパ・ママ育休プラス」

パパ・ママ育休プラスは専業主婦(主夫)も使えるの?

  • どちらかが専業主婦(夫)の場合は、パパママ育休プラスは取得できません。

パパママ育休プラスのメリット

パパママ育休プラスのメリット

  1. 産後のママをサポートできる
  2. 子どものお世話や家族との生活作りに集中することができる
  3. 子どもにとって親といられる期間が2か月延びる

れこ
夫婦で助け合いながら、集中して我が子の成長を見守れる機会につながります!

パパママ育休プラスのデメリット

パパママ育休プラスのデメリット

  1. 給付金を支給されたとしても収入が減る
  2. 会社の就業規則によっては、ボーナスや退職金に影響が出る
  3. 人事や出世に影響する可能性がある
  4. 出産後、ママが一番大変な時期に育休が取れない
  5. 制度の要件が複雑でわかりにくく、使いにくい

旦那さん
④の「主産後、ママが一番大変な時期に育休が取れない」については、制度上「パパが産後3ヶ月以降に育休を取得しなければならない」からです。

後述する「パパ休暇」と併用することで、この問題は解消されます!

パパ休暇との併用が可能

パパ休暇
通常1回しか取得できない育休を、もう一度取得できる制度。

(※2022年10月1日~の法改正で廃止になり、「産後パパ育休」に変わります。)

パパ休暇の概要

  1. 生後8週目までに育休を取得する。
  2. 8週目までに育休を終了する。
  3. 8週目以降にもう一度育休が取得できる。

参考:パパ休暇|厚生労働省

パパ休暇については、厚生労働省がまとめたリーフレットをご覧ください。

普通の育休との違いは?

通常の育休パパママ育休プラス
期間
  • 1歳まで
  • 1歳まで(両親どちらかの取得をずらすことで、1歳2ヶ月まで延長可能)
延長
  • 最長2歳まで
  • 1歳2ヶ月
  • 2歳まで(要件を満たせば通常の育休と同じく延長可能)

育休を延長する場合

パパママ育休プラス
パパママ育休プラス 延長
旦那さん
通常の育休延長より、パパママ育休プラスの延長はややこしいね…。
れこ
ママが先に育休を終了してしまうと、再度育休延長をすることはできません。1歳2ヶ月を過ぎて「確実に保育園に入園できる」場合はいいのですが、そうでない場合は「パパ・ママ育休プラス」は利用せず、通常の育休延長を視野に入れた方がいいかも…。

通常の育休延長なら、1歳の時点で待機児童になった場合、次のように選択肢を多く持てるからです。

  1. どちらが育休を延長する
  2. 夫婦二人で育休を延長する
通常の育休延長については「育休延長申請は2週間前だと間に合わない?延長手続きや申請期限は?」をご覧ください。
あわせて読みたい
育休延長申請は2週間前だと間に合わない?延長手続きや申請期限は? 上の子の育休中、「保育所入所保留通知書」が我が家に届き、いよいよ育休延長も視野に入れる方向になりました。 初めてのことなのでよく分からないことがたくさん…。 今...

申請方法

  • 会社を通して申請することになります。
パパママ育休プラスの申請に必要な書類

  1. 世帯全員について記載された住民票の写しなど、支給対象者の配偶者であることを確認できる書類
  2. 配偶者が育児休業を取得していることが確認できる書類

②については雇用保険被保険者番号がわかる場合は省略できることもあります。

書類は子どもが1歳の誕生日の前日を含む支給対象期間までの支給申請時に、会社がハローワークに提出します。

れこ
早めに会社に届け出るようにしましょう!

育休期間を延長するときの注意点

育休期間を延長するときの注意点
  1. 育児休業期間が2カ月延長されても、産後休業を含めた1人あたりの育休取得可能最大日数は「1年間」に変わらない。
  2. パパ・ママ育休プラスを選んだ場合、1歳の時点でママは復職するので育休には戻れない。
  3. パパが2ヵ月育休を延長しているため、保育園の入園はできない。
    (保育園は家庭内で保育できない環境であることが原則)
  4. 1歳2ヵ月以降の入園になり、ここで待機児童になった場合、パパが育休をさらに延期するという選択肢しかできない。

パパママ育休プラス 延長

パパママ育休プラスが使える場合

①パパとママが交代して育休を取得する

パパママ育休プラス 使える場合出典|パパママ育休取得例|厚生労働省

ママの育休が終了する時に、パパがパパママ育休プラスを利用し、子育てを交代できます。

②パパとママが同時に育休を取得する

パパママ育休プラス 使える場合出典|パパママ育休取得例|厚生労働省

パパママ育休プラスを利用して、パパとママが同時に育休を取得することもできます。

③配偶者が職場復帰した後、期間を空けて取得する

パパママ育休プラス 使える場合出典|パパママ育休取得例|厚生労働省

ママが職場復帰した後、しばらくたってからパパが育休を取得することができます。

パパママ育休プラスが使えない場合

  1. 育休開始日が子どもの1歳の誕生日を過ぎてしまう
  2. 配偶者の育休開始日が、本人の育休開始日よりも前になっている

【1】育休開始日が子どもの1歳の誕生日を過ぎてしまう

パパママ育休プラス 分かりやすく

【2】配偶者の育休開始日が、本人の育休開始日よりも前になっている

パパママ育休プラス 分かりやすく

他にも使えないケースが、厚生労働省発行の資料(P20~)に具体的に記載されています。

労働局雇用環境・均等部(室)都道府県一覧

「パパ休暇」「パパ・ママ休暇プラス」について詳しくは、各都道府県の都道府県労働局雇用環境・均等部(室)へお問い合わせください。

北海道011-709-2715
青森017-734-4211
岩手019-604-3010
宮城022-299-8844
秋田018-862-6684
山形023-624-8228
福島024-536-4609
茨城029-277-8295
栃木028-633-2795
群馬027-896-4739
埼玉048-600-6210
千葉043-221-2307
東京03-3512-1611
神奈川045-211-7380
新潟025-288-3511
富山076-432-2740
石川076-265-4429
福井0776-22-3947
山梨055-225-2851
長野026-227-0125
岐阜058-245-1550
静岡054-252-5310
愛知052-219-5509
三重059-226-2318
滋賀077-523-1190
京都075-241-3212
大阪06-6941-8940
兵庫078-367-0820
奈良0742-32-0210
和歌山073-488-1170
鳥取0857-29-1709
島根0852-31-1161
岡山086-225-2017
広島082-221-9247
山口083-995-0390
徳島088-652-2718
香川087-811-8924
愛媛089-935-5222
高知088-885-6041
福岡092-411-4894
佐賀0952-32-7167
長崎095-801-0050
熊本096-352-3865
大分097-532-4025
宮崎0985-38-8821
鹿児島099-223-8239
沖縄098-868-4380

パパママ育休プラス制度をわかりやすく解説!結論「使い勝手悪すぎ!」|まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

パパママ育休プラス
まとめ
  1. 育休開始をズラすだけで、結局「1年間」の取得可能最大日数は変わらない。
  2. 1歳2ヶ月を過ぎ、延長をする場合は片方の親しか育休延長ができない。
  3. 「パパ休暇」を併用しないとメリットが少ない。
れこ
「パパ休暇も同時に取得して使う」「1歳2ヶ月を過ぎて、確実に保育園に入園できる」という方にはメリットがあるという事がわかりました!

パパとママが一緒に子育てをするのはとても素敵なことだと思います!

旦那さん
ただ、条件が限定されてややこしいので「普通の育休を2人で取得した方がいい」という結論に達しました。

以上のことを踏まえて、ぜひ活用を検討してみてください。

ではでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次